大阪府枚方市の自律神経・更年期専門のなぎら堂治療室院長の城地です。

いつもブログを読んで下さり本当にありがとうございます。

おかげさまで当院には他府県からも多くの方が来院して下さっておりますが、

✔どうしても来院することが出来ない方
✔どこに行っていいのかがわからない方 の為に

当院に来られる多くの方が悩まれている症状
「頭痛」
についてお伝えしたいと思います。

  • 「頭痛」でお悩みの方へ

☑寝る間を惜しんで仕事に取り組んでいる

☑普段から緊張してしまう(ストレスのかかる)状況が多い

☑ゆっくりと過ごす時間がない

☑歯をグゥ~ッと食いしばる

☑目を酷使することが多い  など

これらのような日々の状況が辛い「頭痛」を招く原因になります。

「頭痛」が慢性化してくると、

ちょっとした事でイライラします

☑吐き気や耳鳴りが起きる

☑根気が続かない、やる気が出ない

☑眼精疲労や目まいが起きる

といった自律神経症状が起きてきます。

 

そもそも頭痛とは・・・

一言で頭痛と言っても、何種類かに分類されています。

特に多いのが、筋緊張性頭痛や片頭痛でしょうか?

筋緊張性頭痛は、首や頭の筋肉が緊張して血流が悪くなります。

その結果、疲労物質が溜まり神経を刺激して起きてしまいます。

片頭痛は、何かしらが誘因となり血管が拡張してしまい、周囲の神経を刺激して起きます。

当院にはいろいろなタイプの頭痛の方が来院されていますが、共通することが何点かあります。

頭痛で来られる方に共通すること

①頭が硬い

頭が爆発

子供の頃、頭皮をずらして遊んだことってありませんか?

私はよく、前側をずらして「かつら!」とか言って見せつけていたりしました。

頭痛の方は、この頭皮が動きにくかったりします。

また、頭の皮膚が硬くなっている方は頭蓋骨の動きも硬くなっています。

頭蓋骨は何個かの骨がパズルみたいに合わさって頭部を作っています。

脳脊髄液の動きとともに、この頭蓋骨も動いています。

この頭蓋骨の動きが少なくなるとこれも頭痛の原因になります。

②内臓が疲れている

内臓疲労

内臓と頭痛に何の関係があるのかと思うかもしれません。

簡単なチェックのとして、呼吸が気持ちよく出来るか?

お腹を押した時に柔らかいか?をチェックしてみるといいかもしれません。

内臓が疲労していると、消化吸収が悪くなったり、エネルギーが作れなかったり

ホルモンバランスが崩れたりします。

もちろん自律神経のバランスも崩れます。

そうすると、ストレスに抵抗できなくなり肩こりや首凝りも起こり頭痛へとつながります。

③精神的に追い込まれている。

ストレス

何か精神的に追い込まれている方も多いです。

仕事や家庭のことであったり、人間関係であったり。

または、忙しいことで睡眠不足になり心の余裕がなくなり頭痛が起きる場合もあります。

本来健康なカラダは・・・

本来、健康な体はどんなストレスや病原菌などに襲われても跳ね返す力が備わっています。

しかし、現代の生活ではリラックスすることが少なく常にストレスの洪水にさらされているようなものです。

その為、常に緊張状態が強いられ交感神経が高ぶっている状態が続いています。

その為、からだも緊張して首凝り、肩こり、頭痛が出てきます。

 

日常生活の中で自分で出来ることは・・・

頭痛が出ている時には何もできなかったり、

何かしたら悪化してしまうのではないかという恐怖ってありませんか?

なので、普段は頭痛が出る前に予防をしておくことをお勧めします。

かと言って、本来して欲しい運動などはハードルが高いと思われます。

なので、ここでは誰でもできることを2つほど載せていこうと思いますので

ぜひ、隙間時間で行ってみて下さい。

①耳のマッサージ

耳のマッサージ
耳のマッサージ

耳は全身のツボが集まっている場所でもあります。

当院では自律神経のバランスを整える方法の一つとして耳への温灸をしています。

そんな耳ですが、歯を食いしばったり、頭の使いすぎなどで

耳回りの筋肉と一緒に硬くなってきます。

なので、耳の根本からぐるぐると痛気持ちい程度に動かしてみて下さい。

②お風呂で目も心もリラックス

お風呂でリラックス
お風呂でリラックス

お風呂は一日の中でもゆっくりと出来る瞬間ではないでしょうか?

バスクリンなどを使用してリラックスするのもおススメです。

もうひとつ、湯船にタオルを浸して絞った後に

目にあてて深呼吸をしてしばらくじっとしているのもおススメです。

目の疲労は後頭部を硬くしてしまうため、頭痛の原因にもなります。

当院では、他にも頭痛予防の指導をしています。

興味のある方はお問合せ下さい。

 

危険な頭痛について・・・

救急

次のような方は、すぐに受診することをおススメします。

①急にガンガンするようなヒドイ痛みに襲われる

②大人になって、急に頭痛がし始めた

③日ごとに痛みが増していく

④手足がしびれる    など、

いつもと違うといった場合はすぐに病院で診てもらうことをお勧めします。

 

『頭痛』は、整体、はり・きゅうがおススメです。

鍼灸

危険な頭痛でない場合は、鍼灸治療や整体療法もおススメします。

中には頭痛薬を常用されている方もいらっしゃいますが、

その時の鎮痛には効果はありますが、根本的な解決にはなりません。

整体や鍼灸は、体の歪みや自律神経のバランスを調整するには

とてもいい効果を発揮します。

慢性的に頭痛に悩まれている方は、普段の予防に加え

整体や鍼灸による調整をおススメします。